VR

「VRで運動」のススメ~①「VRで運動」を毎日の日課に

皆さん、毎日運動していますか?

私は今、OculusQuest2(オキュラスクエスト ツーと読みます)で毎日運動をしています。 

(これは今年の10月13日に発売されました。) 

行っている運動は 、

Beat Saber(ビートセーバー)…20分程度:体を少し動かして慣らす・温める

Fit XR (フィット エックスアール)…ボクシングエクササイズを30分程度(当初は10分程度):がっつり汗を流す

で、最低50分+αは時間を取っています。

時間帯は「起きてすぐ」です。

 

購入から1ヶ月以上続けて運動した効果は以下の通りです。

・ 腕・背中・お腹の筋肉が鍛えられた。

・日中は以前よりもエネルギッシュに活動できるようになった。

・当社比で仕事が早くなった気がする(笑)。 

 

VR だからこそのメリットは色々ありますが、いくつか挙げてみると、

在宅で気軽にできる

ある程度のスペースがあればできる

③まとまった時間がなくてもできる

④ゲームなので一人でも楽しく続けられる(モチベーションが維持できる)

⑤費用は、VR機器代(¥37,100~)+ゲーム代(¥3,000前後)のみででき、コスパがいい

 

スポーツクラブだと、その場所まで行かなければならず、クラスも時間帯が決まっているので予定を空けなければならず、ある一定の時間が確保できないと難しいです。また、月額料金もかかります。①~③と⑤は、その点をクリアしています。スポーツクラブでは集団でレッスンを受けますが、VR だと個人レッスンを受けているような感覚になります。誰かと一緒に行うことももちろんできますが、一人で集中して取り組みたいという人にとっては④で十分ではないでしょうか。

以前、「骨盤の歪みを整えよう」という記事で「Tarzan特別編集 女性のための肩甲骨&骨盤エクササイズ Kindle版」という本を紹介しました。この本も手軽に体を鍛えることができますが、一人きりで自分を追い込んで何ヶ月も継続して行うという側面では、ーミフィケーションという点で、やはりVR の方に軍配が上がります

なお、当然のことですが、 VR機器は、運動だけでなく他にも大いに活用できる物なので、運動にかかる負担額は実質もっと少ないです。

 

今、 VR で運動をしないのはもったいない時代になっていると思います。

私ももっと早くから始めていればよかったと思っていますが、それでも、この VRで運動するという習慣ができたことは私にとって一つの転機だと感じています。

これから何回かにわたって、VRで運動することについて記事を載せていきます。

これをきっかけに、VRで運動をすることについて興味をもち、一人でも多くの人が運動する機会を得られたら幸いです。 

次の記事

 

-VR
-, , , , , ,

© 2021 きいろぐ