VR

「VRで運動」のススメ~④VRとの相性

 

初期設定をして、まずホーム画面を見た時のなんとも言えない感動は今も鮮明に覚えています。

日本の日常空間から、別空間にいるという、見える世界が全て別世界になっているということに、経験したことのない、何とも言えない気持ちになりました。 全身で感動した…というのが適切かどうか分かりませんが(笑)。

(写真は、ホーム画面の一部です。宇宙ステーション?の一室にいるような感じが気に入っています。)

 

【VR酔いと疲れについて】

私は車に酔うタイプです。電車や公共バスには酔いませんが、乗用車やタクシー、観光バスなどには酔います。

Oculus Questで最初に観たのは、YouTube の360度動画です。

①遊園地のジェットコースターに乗車している動画

と、

②スカイダイビングをしている動画

を観ました。結果は、

①は酔い、

②は少しだけ酔いました私の酔いは、コーヒーカップや歩くエスカレーターに静止したまま乗ったような感覚です。(実際の歩くエスカレーターは、自分が動いていれば全く酔わないのですけどね。)

どちらも、5分程度の動画だったと思いますが、すぐにヘッドセットを外して休憩したいと思う程度でした。

 

個人的な考えですが、誰しもはじめは大なり小なり酔いを感じるものだと思います。また、酔いだけではなく疲労感も感じます。なぜなら、ヘッドセットをつけることで、これまでなかった頭部の重みや圧迫などがあるからです。ですが、使い続けることによって、少しずつ少しずつ目が慣れ、体が慣れ、ヘッドセットをつけているときの重みにも慣れていき、少しの酔いや疲労感は治ってくるものだと思います。実際、最初は15分の使用でいっぱいいっぱいだった私も、(使い方にもよりますが)今は一時間半ほどヘッドセットをつけたままゲームをしたり動画を観たりしていても、酔いや疲れを感じにくくなっています。

ですが、強い酔いを取り切ることはなかなか難しい気がします

数は少ないですが、以下に私が酔わなかった(または酔いにくかった)ゲームと、酔ってしまったゲームを載せておきます。(  )の「視界の動き」というのは、ゲームの詳細に書かれている情報です。 

 

【私が酔わなかった(酔いにくかった)ゲーム】

Beat Saber ビートセーバー(視界の動き:少ない)

Fit XR フィット・エックスアール(視界の動き:やや強い)

 

【私が酔ってしまったゲーム】

 OhShape オーシェイプ(視界の動き:やや強い)

SWORDS OF GARGANTUA ソード・オブ・ガルガンチュア(視界の動き:やや強い)

 VRChat ブイアール・チャット(視界の動き:激しい)

「視界の動き」が「やや強い」となっているFit XRでは全く酔わなかったのに、同じく「やや強い」のOhShapeは、たまに歩くエスカレーターに乗っているかのように感じることがあり、酔ってしまいました。Beat Saberは、基本的に酔いませんでしたが、ノーツ(キューブ)が多く速度があるときに自分の足元が動いている感覚になり、少し酔いを感じることがありました。

 

…ということで、酔うか酔わないかは、実際に自分が体験してみないと分からないと思います。他人の感想や客観的な判定では、自分に向いているか向いていないかは、やはり分かりません

 

【Oculusの返金ポリシー】

別の記事にも書きましたが、Oculusには返金ポリシーが基本的にあるようで、

合計2時間以内

かつ

購入してから2週間以内

であればどんな理由があっても返金に応じてくれる

という返金ポリシーが 大抵のソフト・アプリ・ゲームなどにはついているようです。 

なので、まずは購入してみて、実際に遊んでみて、酔うか酔わないかを体験してみましょう。おもしろいけれども酔いがあって厳しいと思ったものについては、(条件を満たしていれば)返金手続きをすることができるので、安心して試してみることができますよ。

 

次回は、「VRで運動を始めた頃に生じた筋肉痛のこと」について書きます(笑)。

前の記事  次の記事

-VR
-, , , ,

© 2021 きいろぐ